TOP ライフステージに応じた働き方 ブランクを経て働く
ブランクを経て働く

近年、看護職の働く場所は多様化しており、病院以外にも様々な施設等で活躍しています。そして、働く時間も同様にフルタイムだけでなく、時短勤務等の育児や介護などと両立できる勤務形態も増えています。
ナースセンターでは、就職の相談・紹介だけでなく、離職中の看護職同士の交流会(カフェ)やブランクが長いなど復職に不安がある看護職向けの復職支援研修会など、復職に向けた様々なサポートを無料で行っています。
復職にご興味のある方は、お住まいの近くのナースセンターへお気軽にご相談ください。

働く人のエピソード

30代/女性
30代/女性

【ブランク】3年
(理由:結婚に伴う転勤,妊娠・出産,進学)

私は転勤族の夫と結婚し、3回の転勤、その間に妊娠・出産も経験し、キャリアが何度か途絶えました。
初めて入った病院はとても厳しく、もう戻れないなと思っていました。しかしながらその経験を誇りに思っているところもありました。育児中、関心のあった非常勤保健師に挑戦するなど、実力がすべての世界に飛び込み「えっ?!」と思うこともありましたが、病棟勤務では感じることのできなかった様々な面を知ることで、自分の世界が広がりました。そして、別に楽に働いたっていい、頑張りすぎなくていい、という認識もできました。
病棟勤務というこだわりを1つ捨てたら、よりこだわりがなくなったように思います。
キャリアに影響していると感じるのは人との縁で、今の職場は恩師との縁でつながりました。
私は子育てをサポートしてくれる親族が全くいないので、子育てをしながら看護師を続けている身近なロールモデルは今のところいません。どうしていくかは自分にかかっているので、毎日悩みながら日々過ごしています。

私のキャリア

病院(500床以上)→病院(200~299床)→居宅系サービス事業所(デイサービス、地域包括支援センター等)→都道府県・保健所、市区町村・保健センター→養成所・大学等

40代/女性
40代/女性

【ブランク】2年
(理由:その他(子育て))

女性は結婚、出産、育児、介護により、キャリア形成をするのに様々なハードルがありますが、他の職種と違って様々な働き方ができるのが看護師の魅力だと思います。今まで培ってきた技術が必ず次の場でも活かされると思います。現在は家庭優先で仕事を考えているので、興味のある介護予防教室の仕事を中心に介護福祉士実務者研修等の講師をしています。将来的には予防医療教室や誰でも相談等のできるサロンを地域で運営できたらと思っています。まずは自分や家族の人生を大事にしながら、おばあちゃんになっても仕事を続けたいです。

私のキャリア

病院(200~299床)→病院(400~499床)→病院(99床以下)→病院(100~199床)→訪問看護ステーション→居宅系サービス事業所(デイサービス、地域包括支援センター等)→企業

知っておきたい制度

ナースセンターについて

ナースセンターは、1992年に制定された「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき設置されています。47都道府県に必ず1つ都道府県ナースセンターがあり、看護職の確保、離職防止、潜在化予防のための就業相談、再就業支援研修等を実施し、職場定着の促進に取り組んでいます。

○厚生労働省HP:看護職のキャリアと働き方支援サイト
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/nurse/event/pg-blank.html

・eナースセンター
https://www.nurse-center.net/nccs/

・都道府県ナースセンター所在地一覧
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/eNursecenter/PrefNClist.pdf

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構

雇用・就業に関する情報や教育訓練・資格取得に関する情報、起業(独立開業)に関する情報、ボランティア活動に関する情報などの情報をまとめています。

○独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構HP
http://www.jeed.or.jp/elderly/person/person_link.html

求職中の方を対象としたハロートレーニング(公的職業訓練)

ハローワークで求職中の方を対象に、就職に必要な技能や知識を身に付けるための様々なハロートレーニング(公的職業訓練)を無料で受けられるサービス
主に雇用保険受給者の方を対象とした「公共職業訓練」と、主に雇用保険を受給していない方を対象とした「求職者支援訓練」をそれぞれ実施されています。
育児等で離職した女性の再就職が円滑に進むよう、育児等と両立しやすい短時間訓練コースや訓練受講の際の託児サービスを実施しています。

○厚生労働省HP:(ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練))
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/hellotraining_top.html