TOP 働き方いろいろ
働き方いろいろ

キャリアも生活も充実させるために、働く場所や働き方を工夫している看護職のエピソードを紹介しています。

2018/08/17
Aさんのエピソード
1)資格取得を目指しながら働く

認定看護師教育課程受験にあたり、夜勤専従に勤務を調整してもらえた。経験を積むために、夜勤前に付属のリハビリテーション病院で、言語聴覚士から指導を受けながら実習をさせてもらう事が出来た。この経験のおかげで、認定看護師教育課程受講中に、実際事例と照合しながら勉強することが出来た。また、病棟異動というストレスがなく経験を積むことができたと思う。 受験を知っているスタッフからも、軽症部屋の受け持ちや、受け持ち患者数を減らしてもらう等の支援を受けることができた。 また、医師・看護部長・病棟師長・委員会担当師長から期待と応援をいただけたのもメンタル維持に関わっていたと思う。(30代/女性)

私のキャリア

病院(500床以上)

知っておきたい制度

専門看護師・認定看護師・認定看護管理者について

医療の高度化や専門化に伴い、専門看護師・認定看護師・認定看護管理者の活躍の場が増えています。各分野によって受験資格が異なりますが、どの分野においても医療機関等における実務経験を必要とします。

○参考サイト:日本看護協会HP 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者
http://nintei.nurse.or.jp/nursing/qualification/