TOP 働く場所いろいろ 看護師等養成所
看護師等養成所

教育のおもしろさは看護にも通じるところがあります。人に関わり、人の成長を促し、発達可能性を秘めた若者が看護師になるのを支援する活動です。一人の看護師が10人の患者さんを看護するとしたら、10人の学生を育てると100人の患者さんの看護ができる、そのような実感があるのが看護基礎教育です。なかでも専門学校は小さな規模ですので、学生を手塩にかけて育てるという喜びが実感できます。

仕事の内容

仕事の意義はなんといっても社会に求められる看護職者を輩出することです。専門職として活躍できる知識と技術、そして暖かい心をもった看護職を養成する仕事は今後も重要です。看護教員の業務は①担当する授業(講義・演習・臨地実習指導)を行うこと、②学習についていけない学生や種々の課題を抱える学生への個別指導、③学校の運営に関わること(行事、会議、入学試験等)が主なものです。なかでも主たるものは①です。

一日の流れ(例)

1
8:30
出勤
2
8:30~9:00
ミーティング、学生からの欠席等連絡受け
3
9:00~10:30
授業準備
4
10:30~12:00
授業
5
12:00~13:00
休憩・移動
6
13:00~16:30
臨地実習指導開始、実習指導者と打ち合わせ、学生全員の午後の行動計画の確認、看護場面の指導、看護援助の評価と翌日の援助計画の立案助言、実習指導者と翌日の看護援助の調整
7
16:30~17:00
学生個人ごとに実習の振り返り
8
17:00~17:30
学校に戻り報告、翌日の演習準備
9
17:30
退勤

働く人のエピソード

[60代/女性]

看護専門学校の教員になるために受講した「看護教員養成講習会」での学びは、看護の基本を再認識する機会となった。また、学生への指導方法の基本等を学ぶことにより、後輩育成の方向にも応用できた。看護の専門業務に関する研修は受講者も多いが、教育や指導方法に関連した研修は、職場の指示により受講することがほとんどであり、関心が薄い傾向にある。今後、キャリア形成のしくみづくりと実践ができる職場を増やしていくことが求められる。

私のキャリア

病院(500床以上)→都道府県・保健所、市区町村・保健センター→都道府県・保健所、市区町村・保健センター→養成所・大学等→都道府県・保健所、市区町村・保健センター→都道府県・保健所、市区町村・保健センター→養成所・大学等

[50代/女性]

病院で勤務していた時期に、看護教員養成講習会で学ぶ機会をいただいたことで、看護の原点に戻り、看護実践につなげることができた。また、実習指導や後輩育成においても、有効に活用できるものであり、キャリアの中でも大きな意味があった。

私のキャリア

病院(100~199床)→養成所・大学等

キャリアプラン

臨床経験5年を経て、専任教員養成講習会(8か月)を修了し、専任教員としてスタートします。その後、教員としての業務に携わり、経験を積むと同時に、学内のFD(Faculty Development:教員の教育能力を高める実践的方法)研修等で授業力を磨き、学生に信頼される一人前の教員になります。調査によると新人期は概ね3年程度で、卒業生を輩出する一つのクール(入学から卒業まで)が終了するころには一人前の教員になります。新人期には新人教員研修や上長の指導を受けます。その後、自分の専門性(成人、小児等)を磨きつつ、授業力の向上をめざします。学内のFD研修や県や看護協会等が行う継続教育があります。10年が過ぎるとベテラン期になります。このころに教務主任養成講習会等で学校管理などについて学び、管理者への道が開かれます。